2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々。

もう1月が終わろうとしている。
芸術に興味の無い、一般市民にとっては完全に理解の出来ない自分の脳の中で日々構成されていっては消えてゆく世界のイメージの一部は紙に収めることが出来た。ただそれよりも音に浸る時間がやはり多かった。

東京での個展が決まる。そのための準備もしていこう。
場所は、昨年からお世話になっている東京の「ギャラリーツープラス」。

2015年

6 / 10 ~ 6 / 20 (月、火は休み)

前々からオーナーさんと話してたことなのですが、とうとう形になりそうです。

テーマは、色、世界とか。まだ決まってはいないけども絞れてはいます。
新作増やせるよう努力します。

音楽の視聴、CD販売もやるということにしよう。
1枚15曲収録、となると思います。それが2,3種類?程。

視聴、というより放送か。スピーカー使って室内BGMとして流す、とか。
週末とかは何かやってるかも。




JOY DIVISION / New Order より「Ceremony」。
昨年ブラジルで開催されたライブで演奏されたものをベースに、自分なりの音もチョイス、調整して制作。
相変わらずまだ歌は入れていない。ボカロにしようか、自分で歌うのか。そこはまだ考えている。



色々変わりました。
Yellow Magic Orchestra TECHNOPOLIS



絵を見ながら思いながら。ノイズに浸って、弾いて、ごめんなさい。 
坂本龍一 戦場のメリークリスマス。



そろそろ本当に終わるだろう、って曲。音楽には終わりはないというけども。
IFS Blue World
 
スポンサーサイト

 


赤の次は、黄色。ではなく、緑。
アートワークはかまってちゃんジャケイラスト募集の時に描いたもので、専用アートワークではないですすいません。
曲の構想、内容は完全に固まってはいませんけど、簡単に言えば雨が降る森林、緑の中に「いる」花を見つめ続ける、というような、謎めいたイメージがベースです。メロディー自体は以前、雨の日にMOTIFで弾いた即興物で、どんなメロディーにしよう
かと思ったら脳裏にその曲がポッと出てきて、「あれのちょっと豪華っぽいのやるか」ということでVSTi多数使用でやってみました。
VSTiとはソフトシンセの意味です。以前話したかもしれません。無料配布のVSTiをまた入手して入れてみました。
中にはmoog的なものもあります。minimoogは以前無料配布されていたのですが、回線の悪さの関係で手に入れ損ねました。ホントは手に入るはずだったのに。

別の曲ですが、以前SoundCloudに上げたものを改めてミックス+新音源追加しました。





制作は進めております。あと仕事絵として5枚の絵を描いていましたが先週無事終わりました。
音楽映像作品に使用されます。作品の詳細については後程。
次回の仕事絵の内容については既に決まってますが、次回の絵の公開自体は少し先になるかと。

アバストというセキュリティープログラムがFC2の管理者ページアクセスをブロックしたとか、ちょっと残念に思うのですが。(既に報告はしておきましたけど。)
 

Alchemy 導入。



iPhone AppのAlchemyをインストールした。試しに色々音出ししてみると男性合唱団的なものが出てきた。
1タップごとに発音方法が変化するというもの。とりあえず「Ahhhhhh」の発音で長押し、音を加える。
シンセのコーラス音源ではイマイチだったのだが、Alchemyで激変する。
あとはベースラインの微調整くらいか、と。

ミュージックAppではDrum Padというものがあり、BPM調節とループで簡単な即興演奏が可能。オートプレイがメインのものではないので一応「プレイ」とする。ただ、オクターブ調整やピッチ調整が出来ないのが残念だが、

YAMAHAが「Mobile Seq」というものを、シンセサイザー40周年記念ということでAppストアで無料配布していた。これはチャンスと思いDL。携帯サイズなのでまぁゆっくり見ていきます。
 

Red World

 


SuperWave80というVST、フリーシンセとファミシンセを新たに導入。
求めていた音が手に入ったので早速曲を。

MIDIでガシガシ乗せて作った、って感じです。機械でしか出来ない音は全て自動演奏。打ち込み作業は自分がやるとかなり遠回りになります。
アンプで出していたDelayはReaper内のエフェクトですぐに調整し、手弾き部分であるピアノは若干の暗さを出すことが出来た。
New Orderのリスナーなので、一部にはエレキベースを使用。スライドによるノイズが入ったが、何度か聞いてノイズは残すことに。iPhoneのカオシレーターによるパーカッションの追加では、良いハイハットがあったのでそれをタップで録音&コピペ。
ずっと同じパターンの繰り返しではつまらないので録音中にタップの位置を変えて変化を加えたり。最後の最後にハードシンセで更にオートのドラム加えたりとかしました。

使用機材、ソフト一覧

Super Wave 80
Synth1
MT-1EX1.1
Famisynth2_v2_5
SK1XG
iKaossilator
4弦エレキベース

Synth1はもう少し触れてみないと調節がしっかり出来ない。カオシレーターではダブステップの制作を早めにやってみたいと考えてます。

話は変わるんですが先週トランスフォーマー・ロストエイジを見に行きまして、まぁ・・・まぁ・・・
まぁホントに予想以上に良いものでしたわ!! (いやまぁほんとに~、の「まぁ」。)

CMでも出てましたがロストエイジでのオプティマスの初登場は、皆様の予想通りあのトラックが変形してからの登場でした。
その後の新ボディになるシーンはこれまでのトランスフォーマー作品で初の“人が乗ったままでの新車スキャン”です。
あの場面は誰もが見たかったはず。特に“新しい金属が内側から出てくるシーン”は最高でしたよ。ニョキニョキと伸びるアレは笑えた。

映画のネタバレはしたくはないので一言で感想を述べると「次回どうなるの」。あれは次回がないとおかしい展開です。

あと映画始まる前にいつも他の映画のCMとかやりますよね。あの時間帯にルーレットが回りまして、観客席〇番のお客様にはポップコーンorジュース無料引換券プレゼント、というのがやったのですよ。
映画見に行く時にいつも使う映画館なのですが、あんなサービス初めて見ましたゎ。それで私9番でして、ルーレットが9番に止まりました。クソワロタ。
 
「あ」
 
ですよ。なのでロストエイジ見終わったあと映画鑑賞券見せて無料引換券もらいましたわ。
次はマーニーだな。
 
 

Blue Monday 東京展示の告知

 
猛暑の中こんぬづは。
8月4日~16日まで開催される東京のギャラリーでの絵画展示会サイトの情報が更新されまして、出展者リストが公開されました。
コチラ⇒http://two-plus.blog.jp/archives/1006798555.html

参加人数が更に増えているような気がします。オラぁワクワクすっぞ(誰




日本でNew OrderのカバーWeb上に公開している人って少数だと思う。
原曲のBlue Mondayは、エレキギターを使用していないがライブ等ではほぼ毎回使用されているので、即興ながら生エレキギターを入れた。DELAYを9割ほどかけている。所々はカットも。
制作当初は弦楽器は全てMIDIだったが無理があった。間の抜けたような音で納得がいかなかった。
MIDIコン音に少しでも生楽器が加わると響きが変わるのは当然で、今はそれが出来る状態になっている為にこれまでのものに生弦楽器を入れる作業が増えた。絵の制作の休憩として。若干長引くのがアレだが・・・。

YMOの「CUE」のカバーにもDELAYでエレキを入れたがやはり合う。2011年のサンフランシスコ公演でもエレキは導入されており、それを参考に試しに即興でやってみたのだけれども、合う。
それを頭の片隅に置いて今度改めて音を入れてみるつもりです。「そこも真似る」、悪いことだとは言わないが、私はそうしたいと考えている。

IMG_2659.jpg

IMG_2670.jpg

東京展示のための絵の制作はそろそろ終わる予定ですが、絵に登場させるとあるもののデザインがあまりまとまらないので昨日は気分転換に自転車でひとっ走りした。
夕方、日はもう沈みかけていた時。暑くはなかったが体が熱くなってキツかった。汗も出る。それでいいんだろうけど。
熱中症対策でよく飲まれている「ソルティライチ」を買おうかとコンビニで迷っていたが、とりあえずお茶にする。
水分補給後、走行再開。すぐ近くに公民館があったので空いてるかどうか見てみたが、18時過ぎだったため、または夏休みに入っているために閉まっていた。

 なんで公民館か。とある音フェスがその公民館で毎年行われているらしく、それに出ようかと考えている。
もしかしたら2人ユニットかと。エレキとシンセ、時にドラム(私)。
そのイベント名は意外なもので「YMF」。一文字変えたらYMO・・・・・、私を誘っているのかという名前だ。

イベント詳細はコチラ。⇒http://yachiyomusicfesta.web.fc2.com/index.html


話は戻り、公民館の裏側の道を走るとグランドが。グランドの周りが屋台用の屋根がズラリと並んでいる。8月に行われる夏祭りのためのもの。コレ↓

IMG_2688.jpg

写真右側に映るのは体育館。中学時代は所属していた卓球部の大会でよく行っていた。
このテントを通り過ぎると野外プールがあるのだが、数年前に閉館して↓

IMG_2694.jpg

廃墟と化していた。プールの水も一体何年間たまったままなのか。小学か中学時代の夏はたまに来ていたんだけど。
当然その時は綺麗なトコだったよ。
プール前を通り過ぎ、河を渡り、最寄の駅まで走り、本屋で立ち読み。で、帰宅。結構長い距離走って色々寄り道した時間となった。


本屋で読んだホビージャパン知ったんだけど、今度付録があるらしく、内容はHG(ハイグレード)モデルのストライクガンダムのパーツ、その他ビルドパーツだそうです。
ストライク、懐かしんだけども今販売されているストライクって明らかに形状が良い。原作アニメ放送当時に販売されていたHGモデルと違い、昨年辺りに販売されたHGモデルのストライクはパーツ分割が更に細かくなっている。

例えば肩装甲についてだが、初のHGモデルの2パーツ構成と違い、白い装甲パーツとフレームパーツが別々になっている。おそらく4、5パーツによる構造なのかも。更にパーツ全体のサイズが小さくなっている。
新HGモデルは、MG(マスターグレード)モデルのストライクのデザインを参考にされているらしく、機体全体がかなりスマートになっている。これを原作終了から数年経った後に見せられて、少しショックを受けた人も多いハズ。私もそうでした。
 
付録についてくるストライクのパーツは新HGモデルのフレームパーツ、なんと無色透明。つまりクリアパーツで形成されたもの。そしてボディの外装。これは有色なのですが、珍しく「あずき色」の外装パーツが出てくるそうです。

あずき、漢字ではこうです⇒小豆。赤だとストライクルージュという機体がある。あれも懐かしい。一度だけストライクカラーになったことがある機体だけども、ルージュのカメラアイはグリーンで、それでノーマルのストライクカラー。ストライクのカラーはカメラアイ含め、赤、青、黄のトリコロール。白、そしてグレー。簡単に言うと初代ガンダムのカラーとほぼ一緒なのですが、一箇所でも違うと「?」となる。特に、一番みなの目に入る顔の目の色なのだから「??」と、不思議に感じます。
 
ブログでガンプラの話をするのは数年ぶりだゎ。
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

PROFILE

IFS

Author:IFS
●好みの漫画、アニメ、GAME

ガンダムシリーズ
ネギま
ヨルムンガンド
FF
東方プロジェクト(GAME&MUSIC)

●好きな歌手、グループ、音楽家

Yellow Magic Orchestra
坂本龍一
高橋幸宏
細野晴臣
iciko
神聖かまってちゃん
サカナクション

ポッキー

あずさ

LATEST ARTICLE

COMMENT

pixiv


CATEGORY

Twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

MONTHLY ARCHIVE

ブログ内検索

セルフィ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。