2013-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全でない


 
これは17日の朝早い時間に撮影した写真。車が走ってないから撮れた。
 
昨日はSoundDesign論という大学の講義の受講生による即興演奏があったので聞きに行ってみたのだが、一言で言えば残念だった。
 
何がどう残念だったのかというと、「ただの即興演奏と何の変わりも無い」ということである。
その即興演奏では演奏者は皆耳を塞いでやっていた。プロジェクターでもわざわざ「周りの人には音が聞こえません」という文章を客側に見せていた。
 
周りの音を聞かず、自分がどういう音を出してるのかも殆ど分からない状態のまま演奏するということである。
会場は暗く、そんな中演奏者はサングラスまでかけていた。これは周りの人間の動作も分からない状態にしていたのか、そこまでは分からないが。
 
演奏が始まる。だが暫くでもなく、数分過ぎた時だ。全体の音がシンクロを始めた。
暫く、いやそれが最後まで続いた。
耳を塞いでいるはずなのに?なぜここまでシンクロしている?
ライブの後に客の数人は自分と同じ意見を述べていた。
その理由は演奏中にすぐに分かったことなのだが、振動である。振動音に合わせて皆は演奏していた。
これはクリックに合わせて即興で弾いているものと何の変わりのない。これが無ければ、彼らがやろうとしていたことは完全に出来たはずなのだが。
だがもし、耳を塞いだ状態で、振動に合わせて演奏を行うとか初めから考えていたとしたら、今言ったサングラスはただの飾りで、実際には隣の人間の動作に合わせて演奏していたとしたら?耳を塞いでいたのは耳栓ではなく、ヘッドホン型の何か。あれがかなりの上質なもので、音を遮断する効果があったとしても、あんなデカイ振動が起きてる時点で「コイツら振動に合わせてる」と、わかるわ。
同じことを言うが、それは完全なる即興演奏でもなんでもない、ただの即興演奏と何にも変わらない。意味の無い実験だ。
 
即興でもリハはやってるはず。それで気付いてると思うんだがな。
「気付いてた。でも黙ってた」「そうしてないと上手くいかないと思ったから」
とか

そんなことは思っていないよな?
 
スポンサーサイト

「だいぶなぁ」


 
描いてたなぁと気付いた。
 
今実習中なんすがね、結構描けちゃってます。コピックは進むわぁ…ともかくこっちも頑張ります。
明日は休みだから、でも版の方の面談があるから、それは8月に「作り直したい」と言いたい。言うんだが。
絵をパーツごとにバラバラに分けて刷ってみたらなんか無理があったみたいで、それで4色分解というのをやろうかと。
 
これが楽だからな。さらに正確に出来るし。
 
プーシキン展見たよ。ガイド付きで。水谷豊さんね。
もう右京さんが喋ってるとしか思ってなかったわ。最後なんかサプライズあったし。
 
さぁ横浜近くの人はプーシキン展行こう。
 

青の世界

 

 
デモです。1パートしか出来てません。作業再開は8月半ばからだと思います。
10日か、15日ほど前かな。次にYMOコピ、アレンジするとなったら何がいいかTwitterで聞いてみたら、僕の曲を聞いてくれてるフォロワーさんからテンション上がった状態で「PERSPECTIVEお願いします!!!」って来たんですね。
 
僕もアレ好きですよ。「/04」(坂本龍一-ピアノアルバム-)に収録されていたもので初めて聞いた曲なんですけども。
SERVICEのブックレートで書かれてたことで、SERVICE収録曲はYMO集大成、らしく、83年には僕はまだこの世にいなかったので言えないことなのですが、その時の「YMOさよなら感」は、なんとなく感じ取れたような気がします。僕は中毒レベルなので消えることは一生ないです。断言できます。なんせ曲作りしてるんだし。
 
本人から聞いたんだけどこれまでSkyDriveにアップしてきたもの全て聞いてくれてるようで、それには驚きましたね。3年以上前に作った中国女もDLしてくれててたりとか。そのあとあの曲を大訂正した時があって、それもすぐに聞いてくれていたようで、ありがたい。
 
今回アップした曲はデモです。そしてこれは以前載せた曲のアレンジで、YMOの曲の一部を参考にオートトラックを作ったり、新たなメロディーライン作ったりとか色々広がり始めている曲です。
初めの方には思いっきりサカナクションの「21.1」の影響で入れたドラム音があったり。でもあれの「カッ」というドラムの枠を叩く音は再現できてはいません。いや出来なくていいんだが。出来てしまったらサカナのまんまになるから。だからって「適当に」って意味で言ってるわけではないので。
 
こうして自作曲は増えていっています。ただコピーで自己満足して過ごすようなことはしたくはなかったから、正直こうやって曲をなんとか作れてることに安心してます。
もし自作曲を作っていないで「こういうの作ってる」と言って「それには何の意味が?」と聞かれたら黙って終わるだけだったけどさ、今の自分にとっては「曲作りの修行になってる」と言えるのよ。
 
もうコピーで「ただ」遊んでたら何か終わってしまう。と強く感じた。だから自作曲をどんどん増やしていきます。
 
ボーカルさんとか入ったものとか、シンセ以外のもので新しいインスト曲が出来たら、本当にRADIO SAKAMOTOに出そうかと、この前放送されたRADIO SAKAMOTOの坂本さんの言葉で思った。
 
ここはプロの人たちが曲で競い合う場所ではないから。
 
ってことで。
 

夏姿

夏の八坂

 
夏アレンジ。
単純な考えしか持ってないから。今は暑い時期だから。
 
オリジナルの長袖姿も好きっちゃ好きですが、こんな時期はこういう姿の方が楽だろうな、って思って。
 
楽な姿の八坂さん描いた。
 

ユキヒロCD


 
3枚借りました。図書館にあったことに今日気付いた。
pupaはもう入手してますが、ユキヒロ氏のCDがあったのに何で気が付かなかったのか…
 
版画の課題は借刷りの提出は終わったので他の作業もっとやらなくては…
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

PROFILE

IFS

Author:IFS
●好みの漫画、アニメ、GAME

ガンダムシリーズ
ネギま
ヨルムンガンド
FF
東方プロジェクト(GAME&MUSIC)

●好きな歌手、グループ、音楽家

Yellow Magic Orchestra
坂本龍一
高橋幸宏
細野晴臣
iciko
神聖かまってちゃん
サカナクション

ポッキー

あずさ

LATEST ARTICLE

COMMENT

pixiv


CATEGORY

Twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

MONTHLY ARCHIVE

ブログ内検索

セルフィ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。