2013-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲だらけ、からの


 
雲好きなので雲ワシャワシャ増やしてます。
 
西洋美術史概論で象徴主義の説明があったのですが、講義の終わりに世紀末芸術の紹介があり、その中に1891年に制作されたフェルナン・クノップフの「私は私自身に扉を閉ざす」がありました。それに似た写真があるということで、それをスライドショーで見せて貰ったのですが、なんと坂本さんの写真でした。構図はクノップフの作品とは逆なのですが、確かに似てました。
 
その写真出す前に一言「IFS君(実際は本名で)いるので、コレです」
わざわざすいません…!!
 

スポンサーサイト

ENGINE



 
エンジンかかりました。
かかってきました。
 
もっと頑張ります。
版画もがんばるよ。
 

新作


 
大型作品製作中。
F40号(100cm×83cm)
 
もっと色々乗せていくとエンジンかかるのです。
何でかって、鉛筆で描いた下書きの上に絵の具が乗って、若干見えにくくなるんです。それでテンションが少し下がる。
 
絵の具乗せる時、下書きの形状より若干変わるんです。なるべく変えないように乗せていき、5割程画面が埋まる+線+グラデ的なものが加わる、と。
 
やる気が段々と上がる。
私版画科なのにカンバスやってます。何故?……原点回帰よ。
5年前からアクリル画描いてることは、これを見てる何人かは知ってると思う。元々カンバスメインの人間だから。
版画が嫌いというわけではないけども、素材的に僕ぁやはり絵の具と筆とカンバスが好きな方なんだと、もう何度思ってきたんだか。
 
卒制の一枚である版画、カンバスに刷るか考えてます。
今描いてるものはほぼアクリルで、あとから版を乗せますが、それは素材的に。小さい版画を何種類か用意して、それを乗せる予定。下の絵が見えるよう、メディウム多めの透明色のインクでやる。
 
かも。
 

音楽色々。

 
図書館行って久々にクラシック系3枚借りてきたら1枚既に借りたやつだった。
あるんだなこんなこと。
 

 
千のナイフ
 

 
Cloud Blain Ver.1
 

 
黒とピンクのアンバランス
 
模写は練習としては良いんだよ。それ活かして別のことすれば。
でもそうせずずっと模写してるのはただの馬鹿だよな。
 
って言葉を一昨日聞いて僕ぁ安心してます。
模写と同じようにコピやってそこから自分だけのものを作ってるし。
以前別の場所でも言ったけど、コピだけやって自己満足、にはなってない。事実。
酒に溺れながら腐ってるようなことしかやってない物とは、もう違ってる。
 
先週末に同級生が出るライブを見に行った。それもコピバンで、アニソンメインのものだった。
Faccebookでの友人の宣伝を見て行ったのだが、8割は全く分からなかったが、良く感じた。
楽器の音にこだわりがあるのはすぐに分かった。あと上手い。で、若干のマイナス点は勢いでカバー。
というものでチープ感がないものだった。大胆にアコースティックアレンジして演奏するバンドもおり、それは「とりあえずこんなアレンジ」ではなくて使用機材やら拍子やらと、1から徹底的にアレンジしていた。
運よくそのバンドの曲は殆ど分かった。基が何の作品のOPとか、EDなのかはさっぱりだったが。
 
あぁ、こういうのが年取っても続いて欲しい、というより更に発展してくれと願った。
某酒飲み演奏会はもうやめました。揺らいだりしてたけど、先週のアレを見て「もういいや。」と、決意しました。酒無理だし。あと楽器を酒の勢いで落とすとかもあるし、めんどくさい。
全部画じゃない。もうあの場所だけだ。
 
 

来月は再びWinter Live

Cosmic Surfin'
 
SAIの鉛筆モード、ペン先を思い切って大きくしたらまぁテンション上がる。
 

 
載せた。
情報採取には時には排除も必要である。
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

PROFILE

IFS

Author:IFS
●好みの漫画、アニメ、GAME

ガンダムシリーズ
ネギま
ヨルムンガンド
FF
東方プロジェクト(GAME&MUSIC)

●好きな歌手、グループ、音楽家

Yellow Magic Orchestra
坂本龍一
高橋幸宏
細野晴臣
iciko
神聖かまってちゃん
サカナクション

ポッキー

あずさ

LATEST ARTICLE

COMMENT

pixiv


CATEGORY

Twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

MONTHLY ARCHIVE

ブログ内検索

セルフィ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。